ホームシアターは誰のため?

昔からの趣味である映画鑑賞。その集大成として念願のホームシアターを持つ事が出来ました。 一人でジックリ、週末は家族で一緒に楽しんでいます。 色々と情報発信し、また皆さまと交流を持てればと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Z700 ⑥ 

な、な、長かった…。
ようやく完成しました!!「Z700-FE108EΣ」!

注文して届いたのが、11/1。11月はユニットの塗装くらいまででしたので、ほぼほぼ12月末くらいからのスタートでした。なんとか1月中に完成させることが出来ただけでも由としましょうか!?

いきなり完成写真です!
Z700-FE108EΣ

ど、どうですか!?(ムラが見えるなぁ…)
中央部をカーボンブラック(墨汁)にして、サイドパネルをワインレッドに(この写真だとフラッシュが強くてブラウンに見えますが)。

写真枚数が多いですが、一気にいっちゃいます!

二度塗りでは微妙に薄く感じ、三度塗りです。
Z700-27.jpg
油性なので、外で塗装して夕方から室内に持ち込んでの乾燥。これくらいかな?
これ以上重ねても木目が潰れるだけで、色ムラの解消も出来そうにありません。
正直、布で塗り込むタイプではなく、普通の(?)刷毛塗りにすれば良かったと思います。
その方がキレイに仕上がったかも!?(そうでもないかな?所詮テクですか…)

全体に軽くペーパーがけをして面を均し、上塗りしました。
Z700-28.jpg
(いやぁ~~!日の光にあたるとムラムラですねぇ…お恥ずかしい)

上塗りは、クリアのラッカースプレーを使用。1時間放置してペーパーがけして、再度仕上げ塗り。
Z700-29.jpg
(微妙にスプレーが余ってしまったので、側面だけ3回塗りしました)

マスキングを外したところです。ツートンカラーが白日の下に!
Z700-30.jpg
ま、まぁまぁかな?すべてを黒で塗りつぶすよりも良かったと思います。
下部の開口部に黒のムラが見えたので、内部だけ再塗装しました。
今回使用した墨汁ですが、非常に濃い!!。カーボンが多量であるが所以でしょうか?ただ、塗りやすくはあったのですが、木目が消えちゃいます(悲)。難しいところですね。

さて、カーボンブラックが乾くまでの間、配線の準備です。
Z700-31.jpg
スピーカーケーブルである Canare の 4S8 を利用しました。線材を取り出して、バラで左右に使います。

Z700-32.jpg
片側はターミナルへハンダ付けし、もう片方をファストン端子で仕上げました。
(金メッキのファストン端子が欲しかったのですが、売ってなかったんですよね。。。)

Z700-33.jpg
ケーブル処理後、一息入れて…と塗装も乾きました。
最終仕上げに、軽くサンディングして…塗装も完成です!!

Z700-34.jpg
背面から、スピーカーターミナルを差し込み、木ネジ止め。
Z700-35.jpg
裏返して、ユニットを取り付け。今回、某オークションで入手したアダプターリングを装着してみました。
(ユニットの背面はサンダーロンフェルトを貼り付けましたよ。)

じゃじゃ~~~ん!!完成しました!!
Z700-36.jpg

ど、どうでしょう!?
自分では…70点くらいかなぁ?やはり、塗装ムラが気になってしまいますよねぇ?
木工作自体は、非常に作りやすかったです。
ガ~~~と制作して、クリア仕上げ…というのであれば、短期間で仕上げることが出来たと思います。
変な塗りをしてしまった(ツートンという意味)ので時間がかかりましたね。。。

とりあえず、スクリーン前に仮セッティング。
Z700-37.jpg
AVアンプのスピーカー切り替えで、ネッシーMiniと聞き比べをしてみました(同じユニット FE108EΣ ですし)。

初見での感想は『広レンジでハイスピード』ですね。
特に高音が非常に伸びます。ネッシーは(安物ですが)ツイーターをつないでいます。にも拘わらず、明らかにZ700の方が上に伸びています。これは信じられません。
逆に低音はネッシーの方が出ます。音道長が、3mに対して1.8mですから違いが歴然なのだと思います。
ただ、高さ60cmのスピーカーでここまで低音が出てると思うと、ビックリするほどの低音だと思います。
(今回は相手が悪かった…ということですね)

さぁ~~て、課題のメインスピーカー。悩みますねぇ…。
エージングしてどう化けるか?というのもありますが、エンクロージャー制作は期間がありましたから結構ほぐれていると思えます。ユニットも中古ですしねぇ…。
今段階で決めるのが非常に難しい。というのは、『ハイスピードで体感できる低音』好きな私としては、どちらも捨てがたいからなのです。スピード感ではZ700、より豊かな低音ではネッシー。難しいです。
やはり、サブウーハーに手を入れろということか…。インスパイヤしちゃおうかなぁ…(汗)。
Z700はメインに据える場合、センターをどうするか?という課題も出ちゃいますしねぇ…。
しばらくは併用して楽しみたいと思います。

これにてZ700の制作記を終わりたいと思います。
お付き合い、ありがとうございました。


[ 2011/01/30 23:56 ] スピーカー製作 | TB(0) | CM(5)
完成、おめでとうございます。
いやいや、ワインレッド+ブラック、素敵だと思いますよ。
私にはとても出来ません。
素晴らしい腕前だと思います。
音もお気に召したようで良かったですね。
カーボン効果もあったのでしょうか。
しかしスピーカの選択は悩ましい事ですね。
今度はサブウーファーに行ってしまいますか???(^^
[ 2011/01/31 00:50 ] [ 編集 ]
色は、段々馴染んでくるでしょうね。
エージングも大変でしょうけど
がんばって、音出ししてください。
そのうち、視聴させてください。(エージング後にでも)
暖かくなったらかな~~
[ 2011/01/31 00:50 ] [ 編集 ]
作ってみたいけど無理ですね・・・

音を聴いてみたい。
[ 2011/01/31 11:58 ] [ 編集 ]
完成おめでとうございます!!!

全然大丈夫ですよ!!!
落ち着きがあって、格好よいよい!!

音もハイスピードでいい感じみたいですね。
後は、このZ700で行くのなら、ウーハーのテコ入れ
これがうまくいくと、スクリーンですね。

なんて、勝手に先走っていますが。
センターは、同じZ700をもう一つ作るのが。。。。

これは、また、聴きに行かねば!!!
うちも!ですけどね(笑)
[ 2011/01/31 14:22 ] [ 編集 ]
亀すぎて申し訳ありません。。。
連日、この時間だとキツイです。。。

>Horkaさん
お褒め頂き、ありがとうございます。
もう少しワイン色が強い方が好みなのですが、ここまでですね。もう少し低音が張り出してくれると良いのですが…やはりウーハーのテコ入れは必須なのかもしれません。

>レーザーさん
今はスクリーン手前に置いてますが、下に鎮座して溶け込んでくれると良いのですが…。
JazzのCD等々、エージングがてらジックリ聞きたいのですが、今はなかなか…週末かなぁ?
是非是非、聴きに来て、感想をお聞かせください。

>ジバゴさん
作る楽しさの方が勝っているかもしれません(汗)。
市販品を手にするのが遠のくのが、変に難点なのかもしれません。
本物の音(ベテランが作成した)を聞いたことがないので、私の作ったものがどうなのか?が非常に気になります。

>ajisaiさん
ありがとうござます。
ウーハーは、どちらにしろテコ入れをしないとならないのかもしれません。
Z700もネッシーも、どちらも捨てがたくて困ります。
スクリーンもどうにかしないとならないのですけどね…。

やりたいことが尽きないのは、良いことなのかどうなのか?果てしないですね。

是非是非、お近くにお越しの際は。
私も伺いたいと思っておりまする。
[ 2011/02/03 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Derva

Author:Derva
神奈川県在住の2児の父。
高校の頃からホームシアターが欲しい病が発病。遠回り、紆余曲折しながら、ホームシアターを楽しんでいます。
VHS⇒LD⇒DVD⇒ハイビジョン放送⇒BD&HDDVDとメディアが変わってきていますが、未だに古い資産が残りっぱなしです。

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Xbox Live
Amazon検索
FX 円レート

by FXスタートガイド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。