ホームシアターは誰のため?

昔からの趣味である映画鑑賞。その集大成として念願のホームシアターを持つ事が出来ました。 一人でジックリ、週末は家族で一緒に楽しんでいます。 色々と情報発信し、また皆さまと交流を持てればと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

位置変更 

もぅ5月ですね。。。って、映画の日じゃないですかぁ!あぁ~~~失敗!
映画の日に映画館に行けるチャンスって滅多にないのに!
(と思って、朝、109シネマズのホームページを物色したのですが、良い席は軒並み押さえられています。そりゃそうですよねぇ…。ということで映画館に行くのは止めました。「スラムドック$ミリオネア」を観ようか?と思っていたのですが。。。)

GW=長期休暇にて、スクリーンをやっつけてしまおうか?と思ってるのですが、これがなかなか…。

1. サイズ
2. 設計

この2点(って、これしかない!というくらい肝の部分ですが…)が決まらず…なのです。

そうそう。明日から家族サービスで那須に行ってきます。なので数日は更新が出来ません。
渋滞が怖いんだけどなぁ…。

で、結局1.の解決も兼ねて、これから取り掛かりました。
090501-1.jpg
(作業に取り掛かる前のPJ×2台の姿です)
「サイズ」は、28日の記事で書いた通り、G70とTX200Jで投射している位置が異なるために、中途半端サイズになってしまうということ。自作なので問題はないのですが、それで良いのか??と。

で結局、TX200Jの取り付け位置を変更し、G70と同じ位置に投射するようにしました。
(結構絶妙な位置に設置出来ていて、コレはコレで気に入っていたのですが…ね)
090501-3.jpg
TX200Jを天吊りする際、最初に製作したアルミチャンネルを使い、天吊り金具に取り付けました。
すると…
090501-4.jpg
こんな感じです。
か~な~り、後ろに行ってしまいました。HDMIケーブルがギリギリでしたよ。ふぅ。

横から見るとこんな感じです。
090501-5.jpg
そう。実はBARCOの天吊り金具を利用しています。Cine7用に用意してあったやつです。
元々レールはこの金具を対象にしていたので、バッチリ合いますからね。ただ、この金具。非常に重たいのです。TX200Jよりよっぽど金具(しかも、直接取り付いているこの1枚でさえ)思いのですから始末に終えませんね。しかし、この金具を使うことになろうとは…。この金具だけは処分しないで取っておこうかしら?そうすれば将来的にも吊り金具が不要ですもんね?

で、もぅ少し下げると、本当にドンピシャ位置に来るのですが、あり合わせではコレが限界。
G70と凡そ同じ位置に投射していますが、一回り投射サイズが小さくなります。
(これ以上広げると、G70が影になってしまうのです)

これで、ターゲットとするスクリーンサイズは16:9の102インチ程度にすることが出来ます!

そして、次の問題は…「設計」
これは実際にどのようにフレームを作るか?ということですね。

当初、L字のアルミ材でフレームを作って貼りこもうとしていたのですが、長さ的にねじれてしまうのではないかな?と思い始めました。
で、今は木枠と作って、スクリーン生地をタッカー(ホッチキスのお化けみたいのです)で打ち付けてしまおうか?というもの。
ただ…ネジレは問題ないとしても、表面に貼るか、裏面に貼るか。。。
最初は若干小さめの木枠を作り、枠のサイドで止める方法(①)を考えていたのですが、ジャストサイズの木枠に裏面から止める方法(②)もあります。
②の利点はスクリーンサイズを①より大きく出来ることですが、木枠が表面に出てしまうので仕上げ処理を綿密に(枠も黒に)する必要がありますよね?
なので若干小さくなるにせよ、表面側に貼る方が良いかな?と。。。

という構想がグルグルしていて決まらないというのが本音です。
う~ん。やっぱり①の方法で行くかな??
[ 2009/05/01 23:35 ] シアター機器 | TB(0) | CM(6)
プロジェクターの天吊り、ご苦労様です。

このスクリーンのパネルか難しいですね。
結構、大きなワクになるので、強度も考えないといけないので。
難しいなあ~???

私だったら、ワク&薄ベニヤで、ねじれないように加工。
そこに、正面からタッカー打ち&黒縁ワクが出来るといいのですが、うまく引っ張れない可能性もアルかもしれないですね。
というと、側面引っ張り加工ですか。
少し、小さくなりますが、一番ピンと貼りやすいかも?しれないですね。

でも、難しそうです!!
[ 2009/05/02 11:04 ] [ 編集 ]
これが噂の、バルコですね、
圧迫感がありますね。(存在感?)
パネルが完成した曉には、見せてくださいませ。

うちも、実家の別荘が、那須の御用邸そばにあるので
時々、行きます。
でも、今回のGWは、子供が明日から(でも、野球の練習で来週から)
休みなのと、混んでいるのと
ETCが来ないので。夏にしようかなと思ってます。
さぁ、BDを見なきゃ。(って、ほとんど見てしまったので)
そろそろ、録りだめした作品を見るかな。
[ 2009/05/02 13:37 ] [ 編集 ]
スクリーン切り貼りするんですか。熟考と注意してされることを提案します。私は以前マリブのスナップタイプを使っていました。このタイプのスクリーンは驚いた事に伸びるですよ だから綺麗に皺がなく張り込めるという利点があるんです。現在お使いのスクリーンは伸びるタイプでしょうか?。マリブのようにお使いになるならサイズは小さくなりますが枠の背中に貼り付けていくほうが正解かと思います。でも物理的に見て伸びない素材ならマッ平らな表面を作るのは大変な作業ではないでしょうか ね。スクリーン素材って結構硬い表面なので伸ばしにくいのでは、、これ参考にしてください。

http://www.kikuchi-screen.co.jp/sn.html#spec
[ 2009/05/03 18:03 ] [ 編集 ]
>ajisaiさん
そうなんですよね。
最初は割と単純に考えてたのですが、イザ施工しようと思ったら、気になるところが次々と…。
次の一歩が重いです。。。

>レーザーさん
今までは、ほぼ天井ベタ付けだったので気になりませんでしたが、今の位置だと立った時に自分の姿がシルエットになってしまいます。
それに、天吊金具の方が重いというのが何とも…。
(何だか あっ! という間にGWが終わりです。。。)

>モリヤンさん
色々と考え出したら、やはり奥が深いです。
買うのがベストなのでしょうが、これがなかなか…(通常のワイドスクリーンで良くなったので、清水ってしまうのも良いかな?とも思いましたが、高さ調整が難点ですね)

情報ありがとうございます。
思ったより枠の太さがあるものですね。このサイズだと木枠が作れるんだけどなぁ…スナップは難しいからタッカーかな?
サウンドスクリーンなので多少は伸びると思うのですが、難しそうですよねぇ??
[ 2009/05/05 22:48 ] [ 編集 ]
Dervaさんは職人ですね!やはりこういう記事を読みますと影響されて何かいじりたくなってきてしまいます・・・。そして真似して火傷するのが私です(笑)

私も映画の日を逃してしまったのですが、水曜日がレディースデイだったので彼女の希望で綾瀬はるかの「おっぱいバレー」を観て来ました!あの手の邦画はサラッと楽しめていいですね。
[ 2009/05/07 21:50 ] [ 編集 ]
そんなことないですよぉ…。
実はよく考えたら、BARCOの吊金具を使わなくても吊るせるんじゃ?と思ったりしてます。
(その方がスッキリするなぁ…。変更しようかなぁ?)

「おっぱいバレー」はWOWOWを楽しみにしてますよ。
って、先日録画した「僕の彼女はサイボーグ」を観てないなぁ…。
って、本当に彼女の希望ですかぁ?フラット・ピットさんじゃないのぉ??(笑)
[ 2009/05/08 20:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Derva

Author:Derva
神奈川県在住の2児の父。
高校の頃からホームシアターが欲しい病が発病。遠回り、紆余曲折しながら、ホームシアターを楽しんでいます。
VHS⇒LD⇒DVD⇒ハイビジョン放送⇒BD&HDDVDとメディアが変わってきていますが、未だに古い資産が残りっぱなしです。

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Xbox Live
Amazon検索
FX 円レート

by FXスタートガイド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。